https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-6820603477559260

お年玉を本人の前で開けていけない理由

スポンサーリンク

お正月になると親戚などから、お年玉をもらう機会があるかと思います。

私の子供もお正月にお年玉を貰いましたが、親戚の目の前で開けようとしていました。

そんなときに、本人の目の前であけてはいけない理由を説明することができませんでした。

そこで今回は、自分の子供になんと説明したらいいかを考え、

皆さんもこのように説明したら納得してもらえるであろうということを考慮し、

説明文を考えてみました。

この説明はあくまで私の推測であり、不確かである可能性も高い為、

あくまで我が子に説明する程度にとどめておいて頂けると有難いです。

お年玉を本人の前で開けてはいけない理由

スポンサーリンク

喜ぶかどうか分からないため

いろんな記事を見てみると、マナー違反や失礼に当たるということが多く記載してあります。

しかし、具体的になぜ失礼なのか説明できる方は少ないと思います。

物などのプレゼントはその場で開けて良いにもかかわらず

お年玉などの現金になると全く話が変わってきます。

このような疑問を感じる方は少ないのではないかと思います。

物などのプレゼントを渡した際には、その商品を受け取った側が商品を見た際に、

喜ぶ表情を見たいと言った、渡した側の心理があると思います。

しかしながら、お年玉というのは家庭によって渡す金額が違ったりします。

ですので、ほかの家族に比べて金額が少なかった場合は、

あまりいい表情をしない子供もいる可能性があります。

子供というのは自分が思っている以上にもらえなかった際には、

残念な思いが表情に現れる可能性があるため

目の前で開けさせるのはかなりリスクがあると思われます。

お年玉を渡した側は、次回からはあまりあげたくないと思うかもしれません。

こういう観点から言うと、子供にこのことを説明することはできませんが、

目の前で開けさせない理由にはなりますね。

スポンサーリンク

古き良き風習

クリスマスや誕生日プレゼントなどの風習の導入は、

お年玉よりも新しい風習と思われます。

新しい風習や、欧州などの文化に関しては、

あまり控えるといったような慣習は少ないように思います。

お年玉は古くからアジアで存在する文化であり、それが日本に伝わった時代が

あまりお金を見せるのは好ましくないという考えだったのかもしれません。

それによりこういった文化が育まれてきたのかと考えます。

スポンサーリンク

子供への説明方法と対処法

ここで本題ですが、子供にはどのように説明をすればいいのかということです。

子供には、理解ができる子に対しては上記のような説明をしても良いのかなと思います。

理解できない子に対しては、相手方のおうちに行く前に

お年玉の袋をもらったらすぐに親に渡すように説明しておくのが良いかと思います。

次のような説明に対して疑問を持ったお子さんに対しては、いろんな国のお年玉について

一緒に調べたりする機会を設けると、考える力を育てるのに役立つかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました