https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-6820603477559260

子供がぐずる対処法(睡眠不足のケース)

スポンサーリンク

睡眠不足の対処法

睡眠グレードについて

※コロン(:)の左は子供の自覚について、右は保護者の観察による指標

子供と保護者の両方の意見が合致しない際は、保護者を優先したほうが症状が悪化するリスクは避けられる。

子供は遊びたいがゆえに、状態を軽く見積もる可能性を否定できない。

1.まったく眠くない:問題なく普段通りの行動が可能であり、自分から積極的に活動する様子が見受けられる

2.普通:特段活発というほどではないが、問題なく普段通りの行動は可能

3.少し眠たい:朝・夕にぐずぐずする様子が若干見られ、普段通りの行動がスムーズに行かないことがあり、時折介助を要することがある

4.かなり眠たい:朝・夕にぐずぐずする様子が著しく見られ、普段通りの行動が全くスムーズに行かず、介助を著しく要する

これらの睡眠グレードを参考に対処を行っていく。

対処する対象としては、グレード3とグレード4に対して行っていく。

①グレード3(少し眠たい)

対処法:

帰宅後、野菜ジュースを飲ませ、その後水を飲ませて、トイレにいかせて、おねしょズボンを履かせてすぐに2階で寝かせる

軽い着替えはやってもいいかもしれないです。

しかし、状態によっては介助が望ましい可能性があります。

こちらからは起こさず、起きてきたタイミングで、ご飯や体拭き、風呂、着替えなどを行う。

俺たちが寝ようとしている時間に起きてきた場合は、魚肉ソーセージや水分を摂取させて、再度寝かせる。

その分翌朝早く起きると思うので、風呂に入ることも可能かと思います。

②グレード4(かなり眠たい)
対処法:

上記対処でほとんど良くなると思われるが、それでもダメなら、自分の休みの日に保育園を午前中か、午後休ませて家で寝かし、さらに上記を実施する。

それでも回復しない場合は、1日休ませる。

 

以上が我が家が行っている、対処法となります。

お子さんによってもそれぞれ必要とする睡眠時間は違います。

保護者がそれを把握・調整し、一緒に考えて対処法を伝えていくことが、

子供の自立を促し考える能力を養うことにつながると考えます。

一人でも多くの子供が幸せな日々を送れるように祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました